0

1995年1月17日午前5時46分、
淡路島北部沖を震源とするマグニチュード7.3の直下型地震が発生。
最大震度7を記録。
死者6,434名、負傷者43,792名。
戦後最大の都市型災害となりました。

映像提供:毎日放送

阪神・淡路大震災から20年

当時のデータや写真から震災を学び、未来に備えましょう

阪神・淡路大震災では強い揺れにより甚大な被害が出ました。
全壊家屋104,906棟、半壊家屋144,274棟。

映像提供:毎日放送

亡くなった方の原因

窒息と圧死
0%

熱死や熱傷
9%

その他

家屋の倒壊や家具の転倒により
多くの方が命を奪われました。
家屋の耐震化と、家具の固定が大切です。

「阪神・淡路大震災の経験に学ぶ」(国土交通省 近畿地方整備局)
http://www.kkr.mlit.go.jp/plan/daishinsai/)をもとに作成
写真提供:神戸市

全焼家屋7,036棟、火災発生件数285件。
木造住宅密集地域を中心に、数日間にわたり火災被害が発生しました。

映像提供:毎日放送

避難するときに
すべきことはどちら?

  • ブレーカーを遮断する
  • できるだけ荷物を持って避難する

電気関係による火災

  • 0
  • 139
    (火災発生件数285件のうち、原因が判明した件数)

原因が判明した火災発生件数のうち、6割が通電火災といわれています。
停電のあと、電気が復旧する時に火の元になる危険があります。
避難する時はブレーカーの遮断を徹底し、通電火災を防ぎましょう。

「阪神・淡路大震災における火災の発生状況と出火原因」(消防庁)
http://www.fdma.go.jp/html/new/syukabousi002.html)をもとに作成
写真提供:アフロ

阪神・淡路大震災では、水道やガス、電気などのライフラインが
被害をうけ、生活に支障をもたらしました。

写真提供:神戸市

地震が起きた時に、
長い間使えなくなるものはどれ?

  • 水道
  • ガス
  • 電気

阪神・淡路大震災では水道が完全復旧するまでに90日間かかりました。
水道やガスは、地中に配管が埋まっているため復旧に時間がかかります。
日ごろから水や非常品の備えをしておきましょう。

復旧までにかかった期間

  • 水道 0
  • ガス 0
  • 電気 0
  • 電話 0
「阪神・淡路大震災の支援・復旧状況」(兵庫県)
https://web.pref.hyogo.lg.jp/pa17/pa17_000000002.html)をもとに作成
写真提供:アフロ

阪神高速神戸線では橋げたが倒壊。
635メートルにわたって横倒しになり、復旧するのに
622日かかりました。
鉄道は29路線が被災し、神戸と大阪を結ぶ鉄道3線の不通により
一日45万人に影響がでました。

映像提供:毎日放送

車に乗っているときに、
地震がおきたらどうする?

  • 避難先まで運転する
  • 道路脇に停車してキーをつけたまま避難する

車のキーをつけたまま、通路脇の邪魔にならないところに置いてから避難しましょう。阪神・淡路大震災では放置車両が通行のさまたげとなり、渋滞が発生したり、消防車や救急車が現場までたどりつけなかった例があります。

震災後の車の速度
※信号待ち等の停止時間を含んだ速度を表しています。

  1. 20km/h 前年10月
    ラッシュ時
  2. 3.5km/h 1月17日
     
  3. 4km/h 1月25日
     
  4. 10km/h 1月29日
     
  5. 15km/h 5月10日
     
「阪神・淡路大震災の経験に学ぶ」(国土交通省 近畿地方整備局 (http://www.kkr.mlit.go.jp/plan/daishinsai/index.html)をもとに作成
写真提供:アフロ

首都直下型地震や南海トラフ巨大地震が今後30年以内に70%の確率で起きるといわれています。

阪神・淡路大震災を忘れずに、「いま、地震がおきたらどうなるか」を想像して、できることから備えましょう。

写真提供:神戸市

地震はいつくるかわかりません。
何を備えれば良いのか、確認しましょう。

  • 水や食料などを備える

    検索
  • 非常用持ち出しバッグの確認

    検索
  • 家族の避難場所を決める

    検索
  • 災害時の安否確認

    検索
  • 家具の固定をする

    検索

特集ページについてのご意見・ご感想をお寄せください

Yahoo! JAPAN

写真提供:アフロ
Tweet